スロプロ時代に出禁になったお話

 

こんにちは。ひろしです。

天気が良いからたまには外で楽しむかーとか言いながらパチンコ屋に向かってしまう今日この頃いかがお過ごしでしょうかw

趣味とか特別あるわけではないので、やる事無いんですよね。

魚釣りとか始めてみようかな…

さてさて、今回は私がスロプロ時代実際に出禁になった話と、知り合いのスロプロが出禁なったお話です。

パチンコ屋さんは基本的に客を独断で出禁に出来るそうです。

業界内で基準があるわけではなく、ホール毎に独自の基準があるわけですね。

スロプロとして、特にハイエナで稼働する場合は、そういうトラブルリスクが増えるんで、注意が必要です。

出禁になるということは、仕事場が無くなることと同じですからね。

これからさらに稼ぎにくくなる時に、出禁になってしまったらかなりの痛手です。

スロプロの方にもかなり興味深い話だと思いますのでぜひ最後まで読んで行ってくださいね。

スポンサーリンク


プロとみなされ出禁

これは私ではなく知り合いのスロプロなんですが、1年程マイホとして使っていたホールで突如出禁を言い渡されたそうです。

私はそのホールには1〜2回行ったことがあるんですが、その時は彼の行動はそんなに目立って(徘徊や張り付き等)いなかった感じでした。

しかし何故彼は出禁になったのでしょうか。

考えられる原因として、

  • 店長が代わったタイミングだった。
  • 彼曰く常連客に嫌われていた。
  • 期待値のある台しか打たない。
  • 毎日閉店時に回転数などのデータ取りをしていた。
  • その他に彼自身は目立たないようにやっていたのかも知れませんが、客観的に見ると目立った行動を取っていたのかもしれません。

 

そしていつものように閉店前にデータを取っている時に、白服に出禁を言い渡されたそうです。

 

その時の内容としては

 

回転数や出目をチェックすることや、期待値のある台しか打たない方はプロであると判断し他のお客様に迷惑がかかる、還元できないので以降来店はお断りしたいみたいな事を丁寧な口調で言われたそうです。

 

データとりや期待値のある台しか打たない人というのは、プロであると判断されたようですね。

 

全国ほとんどのホールには「プロお断り」という文言が誰の目にもつくところに掲示されていますし、お店側がそう判断したのであれば仕方ないのかもしれません。

 

また店長が代わったタイミングであったのも、店長がプロを排除するという方針を示していた可能性も大いにありますね。

 

あと常連客に嫌われていたというのも、スタッフに告げ口したりしていた可能性もあります。

 

正直そんなクレーム対応に時間を取られるのもお店側にはデメリットでしか無いわけですから、円滑に業務を進めるには原因となっている彼を排除することが一番手っ取り早いと言うわけです。

 

しかしこれだけで出禁になるケースは少ないと思います。

 

 

 

 

 

 

だって私も同じ事やっていたからw

 

 

 

 

 

 

まあ私の場合兼業だったので毎日というわけではなかったですが。

 

というか全国どのホールにも余程過疎ってるホール以外だったらこういう人っていうのは必ず一人や二人いるものです。

 

これが全国どのホールでも出禁対応されれば、プロと言われる人はほぼ0になるでしょう。

 

今でもプロと呼ばれる方は多く存在します。

これはかなり稀なケースであると思います。

スポンサーリンク


スロプロとのトラブルで出禁

これまた私ではないのですが、私の知り合いのスロプロの話です。

 

他スロプロとトラブルになり出禁になったそうです。

 

つまりライバルとトラブルになったという事です。

 

なぜトラブルに発展したかと言うと、ライバルのハイエナが掛け持ち遊戯しているのに苛立ち、止めるよう指摘したら逆切れされ殴り合いになったとか。

 

即刻どちらも退場になってしまいました。

 

掛け持ち遊戯しているハイエナって結構多いですよね。

 

しかしこれは確かにマナー違反であると言えます。

 

そもそも「プロお断り」と共に「掛け持ち禁止」とほとんどのホールがこれを認めていません。

 

ライバルのハイエナとはお互いライバルであると認識していたため、起こり得たものだったと思います。

 

同じハイエナに注意されたことが苛ついたんでしょうね…

 

私の知る限りホール内で喧嘩などのトラブルを起こした場合プロであろうがそうでなかろうが出禁になる可能性がかなり上がりますね。

 

店側としては迷惑でしかないわけです。

 

ましてや邪魔者のハイエナ同士でのトラブルですから排除する良いきっかけにすらなるわけです。

 

これは弁解の余地もありませんね。

 

出禁になって当たり前でしょう。

 

私もライバルの動向に苛つくことはかなり多いです。

 

会員カードを何枚も所持していたり、何台も掛け持ちしたり…

 

ただそういう相手にいちいちふっかけていたらこちらも得することは何もないですよね。

 

勝たせてもらっているんだから、ここは我慢。

 

どんなに理不尽であろうと、そういう謙虚な気持ちは忘れてはいけません。

 

スロプロとして稼いでいる以上自らトラブルに繋がる行動は控えないといけませんね。

 

まあそのホールを私はマイホとして使っていました。

 

ライバルが二人も減ったのでラッキーでしたねww

スポンサーリンク


私が出禁になった理由

ここまで私の知り合いのスロプロの話でしたが、私も実は一店舗だけ出禁になったホールがあります。

 

理由はプロだからだとか、喧嘩をしたとかそういう理由ではありません。

 

かなりしょうもない理由です。

 

マイホが店休日だった時等に通っていたホールなんですが、そのホールで10年ぶり位に中学の同級生に再会したんです。

 

その同級生とは特に仲が良いとかそんなんではなく、会話も1~2回したかなーくらいの関係でした。

 

久しぶりに再会して、話しかけられたもんだから少し会話をしました。

 

彼曰く、スロットで負けまくり借金までしているという話をしているそう。

 

つまりバリバリの養分だったんです。

 

適当に話を合わせ稼働を開始したのですが、ここで養分あるあるなんですが…

 

 

 

 

 

私の隣の台を打つんです。

 

 

 

 

 

期待値も何もない明らかな低設定なのに私と話したいがためにわざわざ私の隣の台を打つんです。

 

この状況かなり苦痛ですよね。

 

そこまで仲も良くないのに私の隣でべらべらと話しているわけです。

 

もちろん私がスロットで稼いでいることなんて知る由もないんで、私が打っている台に関しても「この台は打たない方が良いよ」なんていちゃもんつけてくるんです。

 

凱旋の700ハマリに対してそんなこと言うもんだから若干苛ついたんですが、彼に期待値の概念についていちいち説明する気にもなれず、「凱旋好きなんだよね」なんて言って軽くあしらっていました。

 

天井到達まで行ったとしたら約1時間掛かる台ですから、約1時間わたしにとって苦痛でしかない時間を過ごさなければいけない状況です。

 

凱旋を1200G程回したところで、彼はトイレに立ちました。

 

そして帰って来た時に私の台のドル箱を置くところに、財布を置いたんです。

 

「なに?」と聞くとトイレの大きい方がしたいから財布を預かって欲しいと言われたんですね。

 

なにも疑うことなく「ごゆっくりー」なんて言って了承しました。

 

すると数分後私の後ろの台を打っていたおじさんが騒ぎ始めました。

 

 

 

「財布が無い!」

 

 

 

そんな騒いでいるときに同級生が私の台に戻ってきて、預かっていた財布を持って「じゃあ俺帰るわ」と言って帰っていきました。

 

ここで勘の良い方はおわかりでしょうが、その通りです。

 

 

その財布…

 

 

後ろで騒いでいるおじさんの財布だったんです。

 

当然防犯カメラを確認した店員が私の元に来るわけです。

 

 

「あなたの連れが後ろのお客様の財布をあなたの凱旋の台の上に置いたのが確認できています。」

 

 

私は必死に何も知らないし、知り合いではあるけど連絡先も知らないし、ましてやその財布が他人様の財布であったことも知らなかったことを説明しました。

 

しかし財布を盗まれたおじさんの怒りは私に向けるしかありません。

 

それでも私は何も知らないことを説明し続けるんですが、ホールの大音量の中会話になりません。

 

ついには事務所みたいな所で話をすることになり、私は連れていかれました。(凱旋1200ハマリを放置して)

 

事務所に連れていかれた直後に、店員が私の同級生を捕まえたと電話がありました。

 

数分後汗だくの店員に引っ張られながら連れてこられた同級生はなんと…

 

 

 

 

土下座120%w

 

 

 

 

泣きながら土下座して被害者のおじさんに謝り始めました。

 

そして30分くらいブチ切れられては謝り、さらにブチ切れられるという繰り返しの板挟みにあいながら…

 

最終的に被害者のおじさんも警察沙汰にはしないということで収まりました。

 

ただそれと引き換えに私は凱旋の1200ハマリと今後一切来店できないということになってしまいました。

 

これも弁解の余地は無いというか、当然の結果であるといえます。

 

店側にしたら迷惑でしかない訳ですからね。

 

もちろんその後その同級生とは絶縁状態です。

 

まあその前から同じようなもんだったんですがね…w

 

おわりに

私が知っている出禁になったスロプロのお話でした。
やはりスロプロとしてやっていくにはトラブルは避けないといけないです。

 

苛ついても我慢。

 

もしちゃんと仕事をしているのであればお客様にブチ切れてしまうと何も良いことは無いですよね。

 

スロプロもそれと同じです。

 

稼働してて下振れしてもメンタル保てるのに他者にブチ切れるようではスロプロもやっていくことは不可能ですね。

 

スロットはすぐに稼げるツールではありますが、しっかりと仕事として捉えないといけません。

 

楽して稼げる部類ではありますが、人間としてちゃんとしてないと生き残れる世界ではないのかもしれませんね。

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なるおLOG , 2018 All Rights Reserved.