マイホームを建てるための資金はいくら必要?頭金は?

      2018/02/05

こんにちは。ひろし30歳です。
今日もお金大好きですか。私は今日も明日も大好きです。

1人暮らしの方はあまり意識しないかもしれませんが、結婚や、出産を機にマイホームを購入したいと考える方も多いかと思います。
しかしマイホームを建てたくても実際に希望の家を建てるにはいくら掛かるのか。
ネットで調べてみても具体的な費用ってわかりにくいですよね。

ハウスメーカーや工務店によりまた、土地により建築費用はそれぞれで、どこにお願いしたらいいかもわかりません。
できることなら安くて良い家を建てたいと思いますよね

私も正直言うと、将来はマイホームを建てたいのですがぶっちゃけ何をどうしたいいのかわかりません。
住宅展示場に何度か足を運んでみたものの、相手も営業のプロですから良い事しか言ってきませんでした。

ですが将来マイホームを建てたいのなら自分が出せる予算やそれに見合った頭金だけでも考えていた方がいいと思います

スポンサーリンク


年収400万円の現実的なマイホーム費用

 

私が現在住んでいるアパートは2LDKで63000円です。地方在住なので割と安い方だと思います。
その内職場から住宅手当として27000円貰っていますので実質36000円ですね。

ローン返済額が月々36000円だったら今の生活を変えずにマイホームを建てれます。

しかし月々36000円のマイホームって総額いくらのお家なのと疑問が出てきます。

例えば頭金なしの35年ローン、ボーナスなしで1500万円の家を35年ローンで購入すると金利が2.9%だったとしたら月々の返済額は約57000円程です。ちょっと厳しいですね。

同じ条件で1000万円の家を建てたなら月々の返済額は38000円程です。

つまり私の場合生活を変えたくないのであれば約1000万円の家を建てなくてはならないのです

実際には土地代を含め1000万円で建つ家も場所によりますがあるにはあると思いますが希望の家になるかどうかと言われればそうではないと思います。
多くの人は自分の理想に近づけたいと思い多少無理してでも、良い家を建てています。

 

少し考え方を変えてみる

 

1000万円で希望の家が建たなかったら少し予算を上げて1500万円の家を建てるとします。
ここで頑張って頭金を500万円入れて借入額は1000万円で済みます。

この状況で先ほどと同じ条件で計算すると当然月々の返済額は38000円となります。
しかし今回は頭金500万円を用意できた場合です。出来なければ月々57000円の返済となりますね。

つまり生活を変えたくなければ1000万円を超える家を建てたいのであれば1000万円を超えた分を頭金で払う必要があるわけですね。

しかしこれは一概に言えることではなくあくまでも単純に計算したらの場合です。

1000万円の家ってどうなんだろう

 

私のアパートにも頻繁に家を「1000万で建てれます」というチラシが配られるのですが、一見素敵な家で魅力的に感じてしまうこともあります。
しかし安いにはそれなりの理由があると思います。

高いお金を払って建てた家と、安く済ませた家が同じ機能、強度、外観も変わらないのであれば皆安く済ませれる家を建てますよね。
しかしそうでないのは明らかです。
やはり安い家には安い理由があるわけです。

私が聞いた話では安い家にもそれなりのメリットはあるということです。

  • 短期間しか住む予定がない
  • 費用を抑えれるところはとことん抑えれる
  • すぐに建つ

逆にデメリットを上げればキリがないかもしれませんが一応

  • ランニングコストが掛かる(強度が弱かったり、壁材が汚れやすかったりなにかとお金がかかる)
  • 安いから文句を言えない

これ以上は完全にディスってしまうことになるので自重します(笑)

最後に

やはり家を建てたかったら少し無理をしてでも良い家を建てた方が良いのでしょうか。
しかし良い家っていったい何なんだろう。
基準もないし、住んでいる本人が良ければそれで良いとも思います。
こんな大きな買い物は人生で一度きりでしょうからよく考えないと後悔する可能性もありますね。

スポンサーリンク


にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ 応援ポチお願いします!!
The following two tabs change content below.
ひろし30歳

ひろし30歳

年収400万現役介護士です。兼業スロプロとして年間130万円程稼いでいましたが、娘の誕生を機に引退。それでも趣味程度に稼働してます。今は起業した方の下でお手伝いをしてお小遣いを稼いでいます。

 - 思考 , ,