ルールさえ守ってジャグラーの設定狙いやってれば負けることは無い

2018/11/10
 

こんにちは。ひろしです。

最近妻が用事で実家に帰ったり、家に友人が遊びに来たりで暇になる時間が多いのです。

世の中のお父さんたちは分かってくれると思いますが、嫁の実家に帰ったり、嫁の友人の相手をするのってかなり面倒臭いですよねw

だから私は何かと理由を作って外出するようにしています。

その方が妻も友人も私に気を遣わず楽しい時間を過ごせます。つまりwinwinの関係ですw

スポンサーリンク


元スロプロが思う設定狙いしやすいジャグラーシリーズ

私がスロプロだった時は基本的に天井狙いをメインに稼働していたのですが、ライバルが多く期待値のある台を打てない時はジャグラーの設定狙いをよくやっていました。

ジャグラーの設定狙いをするにはそもそもジャグラーに高設定を入れているホールに行かないと出来るはずがありません。

まずはジャグラーに設定を使っているホールを選びましょう。

幸いマイホではジャグラーに力を入れていたので比較的狙いやすい環境でしたね。

ハイエナがダメならジャグラーの後ヅモも出来るという最高の環境でした。

ジャグラーシリーズは台によってボーナス確率や子役確率が変わってきます。

私が狙っていたのはマイジャグラーのみです。

もちろん明らかに高設定であろうアイムジャグラーやゴーゴージャグラーが空き台になっていれば拾う事もありましたが。。。

ただ基本的にジャグラーは設定判別の難易度が高いと思っているので、他のジャグラーシリーズより比較的に設定判別がしやすいマイジャグラーを選択するしかなかったというのが大きな理由です。その理由は後述します。

あとマイホにはみんなのジャグラーが導入されていないのですが、もし導入してあればマイジャグラーかみんなのジャグラーの二択になったと思います。

 

どんなマイジャグを打てばいいか

具体的にどういう台を選ぶかと言うと、最低でも3000回転程回っていて尚且つBIG、REG共に1/240を切っている台ですね。

これは私が勝手に決めているルールです。

まあそんな台があれば誰でも拾うとは思いますがw

でもよく考えてみてください。勝つためにはそのような台を打たないと勝ち続ける事なんてできないですよね?

例えばREG確率だけ設定6の確率をぶっちぎっていたとしても、BIG確率が設定1並みの確率だったとします。

結構こういう台を狙う人もいますが、結果はどうでしょうか?

おそらくたまには勝てるけど、大体は負けていると思います。

たまに勝てるからその狙い方をする方が多いんですよね。

でもマイジャグラーで勝ち続けたかったら、その狙い方ではダメです。

たまに勝つではなく、ほとんど勝つためにはルールを守る必要があるのです。(もちろんそれでも負けることはあります)

私のルールでもある3000回転と言うのは最低ラインであって、多く回っていれば回っているほど良いです。

確率と言うのは試行回数が多ければ多いほど収束していきますからね。

なので欲を言うと5000回転は欲しいところではあります。

ジャグラーシリーズはシンプルなゲーム性ということもあり、高齢者や主婦、初心者に人気があります。

そんな方たちは一日ジャグラーを打ち続けることは可能性が低いです。

私の感覚では5時から7時くらいでやめて帰る人が多いと思います。

5時から7時くらいにやめるという事は最低でも3000回転は回っているはずなので、そのくらいの時間が私にとってのチャンスタイムですね。

逆に常連やプロなど、閉店まで打ち切りそうな客が高設定を占領していたら、その時は諦めて帰ります。

 

マイジャグラーを打ち始めてからやる事

皆さんはジャグラーの設定狙いにおいて、何を重要視していますか?

ボーナス合算、チェリー重複のREGや、ブドウの出現率など様々な判別要素があると思います。

元スロプロだった私はもちろんBIG、REG確率を見て台選びをするのですが、打ち始めてから重要視するのは、単独REG確率です。

子役カウントは少しでも精度を上げるためにぶどうとチェリーのカウントをします。

つまり私が決めているルールを守って信頼度の高い台を選ぶことが出来れば、単独REGとぶどう、チェリーの子役カウントをしてさらに信頼度を上げましょう!というだけのお話です。

マイジャグラーは、単独REGの確率が設定1と設定6では2倍ほど差があります。

他のジャグラーシリーズで単独REGにここまで差があるのはみんなのジャグラー以外ありません。

だから上述したように二択になるということですね。

 

 

マイジャグラーのヤメ時

ぶっちゃけて言うと、ルールを守って信頼度の高い台を打てているのであれば、いつヤメてもいいです。

打っていてやっぱり違うなと感じるのであればヤメてもいいし、疲れたからスパッとヤメて帰っても良いです。

なぜかというと、マイジャグラーは設定3でも機械割が100%を超えています。

つまり設定6の信頼度が高い台というのは設定3以上の信頼度はかなり高いという事になるので、そういう台を何度も打ち続ければ理論上負けることは無いという事です。

短い目で見ると負けることがあっても、長い目で見ると確実にプラスになるわけです。

この考えは期待値稼働をやっていて身についた感覚ですね。

なのでいつヤメてもいいのです。

 

効率を考えるとやってはいけないマイジャグ設定狙い

先ほどいつやめても良いとは言ったのですが、効率を考えると一回拾う毎に少しでも多く回した方がいいです。

そもそもルールに則った台を拾えることは少ないので、試行回数を増やすために出来るだけ多く回すべきだと思います。

なので閉店時間までどれくらい時間があるかが重要になってきます。

私は7時を過ぎても拾えないなら帰ります。これは期待値稼働でも同じです。

7時から打ち始めると最低でも三時間以上は打てます。

3時間あれば2000回転は回せますよね。

上述した設定3以上の信頼度がかなり高い台を4回拾う事が出来れば8000回転(約1日打ち切った回転数)回せます。

試行回数が多ければ多いほど良い訳ですから、できるだけ一回あたり多く回すべきというのはこういう理由からです。

例えば一回あたり500回転しか回せない状態なら15回拾わないと先ほどの8000回転の試行回数を得ることができません。

効率悪いですよね。

 

おわりに

ルールさえ守ることが出来れば確実に勝てることが出来ます。

1日単位での勝ちにこだわっている人には向きませんが(これはハイエナにも言えます)、年間を通しての勝ちにこだわる事が出来る人には適していると思います。

生活が出来るほどとは言いませんが、お小遣いくらいなら稼げるはずです。

いつまでも養分やってないで、今こそ勝ち組になる時です。

 

スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なるおLOG , 2018 All Rights Reserved.