【大人の嗜み】コーヒーを趣味にすると人生が豊かになります【初心者入門編】

コーヒーは良く飲む方だけど、専ら缶コーヒーやインスタントコーヒーで済ませていました。もっと美味しいコーヒーを飲んでみたいし、自分で淹れれるようになりたいと思うようになりました。
カッコいい大人の趣味としてコーヒーを始めて見ようと思っているけど、必要な道具とか揃えないといけないものを知りたいです。

 

この記事はこのような方にオススメとなっています。

コーヒーを趣味にすると人生が豊かになります

趣味が全く無いという人より、何かしらの趣味を持って生きている人の方が生き生きとしたイメージがありますよね。

ただコーヒーを趣味にするとそれだけではなく、もっと嬉しい効果があります。

・気持ちが穏やかになる
・集中力がアップする
・老化予防
・ダイエット効果

・すなわちモテるw

 

いちいち説明するまでもなく、カッコいい大人の雰囲気を醸し出しつつ、仕事も出来て若さをキープしてるような人になる可能性をコーヒーは秘めているわけですね。

 

コーヒーを趣味にするには道具は何が必要?

趣味とは人間が自由時間に、好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、事柄やその対象のこと。
Wikipedia

 

コーヒーを趣味にするという事は、コーヒーの為に時間を作る事になると思います。

もちろんインスタントコーヒーで時短しながらコーヒーを楽しんでもらっても全然かまわないのですが、

僕のオススメは豆を挽いて、ドリップする工程を楽しむという事です。

ドリップ方法はペーパードリップがオススメです。

ペーパードリップは初心者でも比較的簡単に始めれるし、手軽に美味しいコーヒーを飲むことが出来やすいかと思います。

 

豆を挽いている時の音や香りもまた楽しみの一つです!またドリップしている時は世界のバリスタになった気分を味わう事が出来ますよw

 

以下ではペーパードリップでコーヒーを作る為に必要な道具を紹介していきます。

 

1.コーヒーミル

コーヒーミルはコーヒー豆を挽く時に使います。

コーヒー豆をいれてハンドルをクルクル回すと豆が挽けます。

もちろん豆の挽き方も好みのサイズに調整が可能となっています。

【コーヒー豆の挽き方】挽き方による味の違いがあります!嫌い、苦手で飲めない人も克服できるかもしれません。

 

2.ドリッパーとドリップペーパー

ドリッパーも色んな種類があるけど、最初はスタンダードな物でオッケーです。

ペーパードリップは良い意味でクセの無いコーヒーを作ることが出来ます。

 

3.キッチンスケール

使用する豆の重量や湯量を計る時に使います。

僕個人的にはキッチンスケールが無いと、上手に作れる気がしません。

自宅にあるもので全然オッケーですが、きっちり計りたい方は0.1g単位で計れるものがオススメです。

 

4.ケトル

お湯を沸かしたり、ドリップする時に使います。

自宅にあるケトルでも全然オッケーですが、ドリップ専用のケトルであれば注ぎやすかったりします。

そんなに高いものでも無いのでぜひ揃えてもらいたいアイテムの一つです。

 

5.軽量スプーンとブラシ

軽量スプーンはコーヒー豆や挽いた豆を計る時に使います。

ブラシはコーヒーミルのお手入れ時にあると便利です。

僕の場合だと、自分の為にコーヒーを作る時は軽量スプーンは全く使わずに、コーヒー豆の袋から直接コーヒーミルに投入しちゃってるけど

誰かの為に作る時は雰囲気を大事にと言うか、カッコつけるために使うようにしていますw

 

オススメのコーヒーの淹れ方

上記で紹介した物を揃えることが出来れば、自宅で美味しいコーヒーを作ることが出来ます。

とは言え道具が揃ったところで、淹れ方を間違えるとせっかくのコーヒーが台無しになってしまう事もあります。

淹れ方はやはり、プロを参考にするのが一番ですね。

僕は最近この動画のような淹れ方をしています。

他にも淹れ方はたくさんあるので、自分の好みの淹れ方を探すのも乙なものです。

正直なところ僕は淹れ方を少し変えたくらいで驚くような変化は感じれません(分かる人には分かるのでしょうが…)w

しかし、基本的な蒸らし工程等はある程度守った方が美味しいコーヒーを作れると思っています。

あくまでも趣味の範囲なので、日によって淹れ方を変えるのも楽しみ方のひとつかと思います。

 

肝心のコーヒー豆のオススメを紹介します

コーヒー豆が無くては何も始まらないので、個人的にオススメなコーヒー豆をひとつだけ紹介します。

 

スタバの豆が最強説

多分コーヒーを始める時って、コーヒー豆なんか何を買ったら良いか分からないですよね。

そこで僕がオススメするのはスタバのコーヒー豆です。

世界中から愛されるコーヒーって言い換えれば、誰の口にでも合うコーヒーという訳です。

 

つまり「ザ・スタンダードコーヒー」てなわけですね。

 

もちろんスタバと全く同じ味になるとは思えませんが、まずはスタバのコーヒー豆でスタバの味にチャレンジしてみるのが良いと思います。

スタバのコーヒー豆を基準として、豆を変えていくと変化が分かりやすいかなと個人的には思います。

 

おわりのまとめ

・コーヒーを趣味にすると結果的に人生が豊かになります

・初心者はペーパードリップがオススメです

・コーヒーを始めるときに必要な道具は

・コーヒーミル
・ドリッパーセット
・キッチンスケール
・ケトル
・軽量スプーン
・ブラシ

・コーヒーの淹れ方はプロのマネをしましょう

・オススメのコーヒー豆はスタバの豆です

 

自分の好みの味を追求したり、コーヒー道具をコレクションしたりと楽しみ方は人それぞれであり自由です。

自分自身の楽しみ方を見つけ楽しいコーヒーライフを送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です