【コーヒー豆の挽き方】挽き方による味の違いがあります!嫌い、苦手で飲めない人も克服できるかもしれません。

コーヒーを飲むと落ち着くなぁ。
いつも休憩する時や、仕事中に飲んでいるんだけど、飲んでいるのはインスタントコーヒーです。
コーヒーが好きで最近自分で淹れる事にも興味があるな!
でもどんな豆を買えば良いかも分からないし、挽き方とかで味も変わるみたいだし、難しそうだなぁ…

実はコーヒーが超苦手で飲めないんですよね。
でも仕事でコーヒーを出されることもあるし、飲まない訳にもいかない瞬間があるわけですよ…
それに大人のくせにコーヒーを飲めないなんていうのも少しカッコ悪いし、どうせならインスタントコーヒーよりもっとスマートにコーヒーを飲めるようになりたいな。
飲みやすいコーヒーがあればそれから練習したいな!

 

この記事はこんな方にオススメとなっております。

コーヒーの挽き方による味の違いと、初心者にオススメの挽き方

コーヒー豆の挽き方は

・粗挽き
・中粗挽き
・中挽き
・中細挽き
・細挽き
・極細挽き

がありそれぞれ味の特徴があります。

下の図の通りです。

多分こんなイメージでオッケーです。

粗挽きや極細挽きのように尖った味を求めている方にオススメの挽き方もありますが、淹れ方もいわゆる一般的な方法ではないので

初心者の方にはは中挽きや中細挽きが味や風味のバランスが良くて苦みや雑味が少なく、その辺のスーパーで手軽に購入出来て、一般的なペーパードリップで淹れる事が出来るのでオススメです。

ペーパードリップ↑

とは言え味や風味など感じ方は人それぞれなので、誰が飲んでも「一番おいしい!」は無いので、自分の好みに合った挽き方を探していくのも楽しみ方のひとつですね。

 

オススメのコーヒーミルを紹介します

コーヒーミルとはコーヒー豆を挽く機械の事です。

電動と手動の物がありますが

僕個人的には「コーヒーを淹れる事」を嗜みの一つとして持って頂きたいので、手動コーヒーミルをオススメしています。

見た目もクラシカルな感じがして、とてもおしゃれですよね。

部屋に飾るインテリアとしてでも成立しそうですw

 

以下は合わせて購入して欲しいものです。

 

コーヒー豆の挽き方

コーヒー豆を挽くには上で紹介したような手動コーヒーミル又は、電動コーヒーミルが必要です。

電動コーヒーミルは何も考えずに好みの挽き方を選んで、スイッチを押すだけでオッケーです。

手動コーヒーミルの場合は以下のカズマックスさんの動画を参考にしてみてください

 

コーヒーの淹れ方

お好みのサイズに挽いた豆からコーヒーを淹れる事も、淹れ方によって味や風味が若干変化したりしますが

基本的な淹れ方は以下の通りです。


(上記したオススメの中細挽き、細挽きで抽出方法はペーパードリップ)

上の画像の通りです。

そんなに難しいわけではありませんので、難しく考える必要はありませんよ!

 

オススメのコーヒー豆を紹介します

わざわざコーヒー専門店に行かなくとも、その辺のスーパーで購入できる物を選びました。

多分この2点はだいたいのスーパーに置いてあります。

だいたいのスーパーにあるという事は、誰でも飲めるようなバランスの良い作りになっていると思います。

まずは色々考える前に、手に入りやすい物を選ぶと良いですね。

 

おわりのまとめ

・コーヒー豆の挽き方は以下の5種類

・粗挽き
・中粗挽き
・中挽き
・中細挽き
・細挽き
・極細挽き
この中でもクセがなくバランスが良い中細挽き、中挽きが初心者・コーヒーが苦手な方にオススメです

・手動のコーヒーミルがオススメです

・コーヒーの淹れ方も難しく無いです

・オススメのコーヒー豆はスーパーで買えるものです

まずはバランスの良いコーヒーを飲んでから少しずつ豆の挽き方や、豆の選び方を変えていき自分好みの味を見つけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です