ネタ切れでブログが書けない時にやる裏技を紹介します【2020年版】

ブログで稼ごうと思ってブログを始めました。
ブログを始めた当初は20記事くらい楽勝で書けていたんだけど、そろそろ書くネタが無くなってきました。
何年もブログをやっている人はネタ切れした時どんなやり方をしてるんだろう?

ネタ切れブロガー

 

この記事ではこういった悩みを解決します。

ブログのネタ切れはよく聞く話

ブログを始めた当初に陥りやすい「ネタ切れ」を起こす原因は明確な理由があります。

・自己満足記事を書いている
・SEOとかよくわからん

こんなノリでブログを書いていると速攻でネタ切れを起こしてしまいます。

僕もブログを始めた当初は何も意識せずに、ただ自分の知識内で自己主張しまくる記事を書いていたら15記事くらいで詰みましたw

とは言えこれだけじゃどう改善したら良いか分からないので、以下で解説していきます。

 

聞いてもいないような事に答えている自己満足記事を書いている

ブログで稼ぎたいと思っているのに、自分の好きなことだけを、好きなように書き続けているパターンです。

 

「今日はお家で○○を食べました!美味しかったです!おわり。」

「今日は○○に行ってきました!楽しかったです!おわり。」

 

みたいな記事は一見ネタ切れとは関係なさそうで、むしろネタは豊富そうに思えます。

もちろん毎日ラーメンを食べたり、毎日遊びまわれるような方は、それはそれで自分の生活スタイルがネタになり、問題ないかもしれません。

ただ僕たち一般人がそんな事を毎日やれるなんて思えません。

また、こういった日記みたいな記事を

 

誰が読むんでしょうw

 

芸能人の日常ならまだしも、一般人の日常なんて誰も興味がありませんよね。

後述するSEOにもかなり問題があります。

アクセスが増えないと当然稼げないって事に繋がりますよね。

アクセスが集めれそうな自分のネタって何だろう?

結果「あれ!ネタが無い!」という状況に追い込まれてしまいます。

 

SEOとかよくわからん

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」という意味です。

簡単に言えば、「需要に対してしっかりとした供給ができている」ものを作ればちゃんと評価しますよ!ってやつです。

ブログで言う評価とは、高い評価を得られれば上位表示されます。

上位表示とは何かを検索した時に一番最初のページに表示されることを言います。

上記した自己満足記事では「需要の無いものに適当に答えている」といった最悪パターンです。

 

MEMO
SEOを無視して記事を書きまくっていることが、間接的にネタ切れを引き起こしてしまいます。

 

逆を言えばこのSEO対策をしっかりとやればネタ切れは起こりません。

 

ネタ切れは【キーワードを探しに行く】という裏技で解決します

ブログ記事を作る流れとしては以下のような感じ。

STEP.1
キーワードを探す
関連キーワード取得ツールを使います。
STEP.2
キーワードの需要を把握する
ubersuggest、キーワードプランナーを使います。
STEP.3
情報収集
インターネットや書籍等を使って情報収集をします。
STEP.4
記事作成
集めた情報を自分の知識としてアウトプットします

この中のstep1とstep2が裏技部分です。

この部分だけ解説をしていきます。

何も難しい事はありません。

慣れれば10分も掛からず完了しますよ。

 

step1.キーワードを探す

関連キーワード取得ツールにアクセスします。

 

 

アクセスすると左上に検索窓がありますので、今回は「ブログ」と入力し、取得開始ボタンをポチ。

ここの「ブログ」というキーワードだけは自力で考える必要がありますが、思いつた物を適当に入力しても問題はありません。

 

「ブログ」に関連するキーワードが生成されました。

赤丸の所で全てのキーワードをコピーします。

 

step2.キーワードの需要を把握する

このキーワードで何回検索されているかをチェックします。

まずはキーワードプランナーを使用します。

 

キーワードプランナーの登録方法は下記サイトをご覧ください。
参考 【2020年最新版】無料でキーワードプランナーを使用する方法と使い方【Google広告登録】Life is alright。

 

 

【検索ボリュームと予測のデータを確認する】をクリックし

先ほど関連キーワード取得ツールで手に入れたキーワードたちをペーストして「開始する」ボタンをポチ。

 

 

過去の指標をクリック。

 

 

少し割愛しますが、「ブログ ネタ切れ」というキーワードをゲット出来ました。

 

 

ここまででも十分だけど僕はさらに細かく分析したいので、

仕上げにubersuggestを使っています。

 

 

こんな感じで「ブログ ネタ切れ」というキーワードで月間で何回検索されたか、とか競合サイトを調べることが出来ます。

 

MEMO
・キーワードプランナーで競合「低」且つ月間検索ボリューム100以上

・ubersuggestでさらに詳しい数字と競合サイトのレベルを見る

 

僕の場合だと半日くらいの時間をかけて、この作業を繰り返して

ネタ帳を作っています。

 

記事を書くときはこのネタ帳からキーワードを選んで作成しています。

 

記事ネタは永久に無くなることはありません

僕が紹介した裏技を使えば、書ける書けないは別としてネタが切れることはありません。

「ブログ」というキーワードから何百も関連キーワードが生まれますからね。

さらにキーワードを分析することで、SEO対策の第一歩となります。

後はしっかりとした需要を満たす記事を書いて「供給」出来れば問題なしですね。

ブログネタが切れてしまった人はぜひこの裏技を試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です