6号機スロットは勝てないのか

 

こんにちは。ひろしです。

少し前ですが6号機第一弾として大都技研から「HEY!鏡」が発表されましたね。

実際に私達が触れるのは2018年12月頃となりそうです。

そんな注目を浴びている6号機ですが、私達打ち手としては勝てるのかが非常に気になるところですよね?

特にスロプロの方たちは死活問題となり得る可能性だってあるわけですから。

スポンサーリンク

ホール内全て6号機になったら勝てなくなるの?

もうねこれ、何度も言ってるんだけどスロットで勝てなくなる日が来ることはありません。

 

絶対に。

 

もしこれが7号機、8号機となったとしてもです。

もし勝てなくなるとホールに足を運ぶお客さんなんていなくなりますよ。

大勝ちが無くなるのは確かにあるとは思いますが、よく思い出して見てください。

 

 

4号機時代なんて万枚どころか3万枚、4万枚出ることも珍しくなかったはずです。

 

 

超プレミアフラグ引いたのに万枚しか出なかったよ~なんてよく聞く話レベルでした。

それが5号機へ移行した途端に打ち手側は万枚を目標へとシフトチェンジしました。

もうお分かりですよね?

上述したことは多少盛ってるというか、私は4号機末期くらいからのことしか知らないんでほぼ妄想ですがw

ようするに我々打ち手は常に時代の流れに合わせて行くしか無いということ。

3000枚出して自慢出来る日が来るかもしれませんね。

 

6号機のハイエナ(いわゆる天井狙い、ゾーン狙い、期待値稼働、ゲーム数狙い等と呼ばれる行為)

結論から言うと勝てます。それはもう圧倒的に。

何度も言います。

 

 

 

 

圧倒的に!

 

 

 

 

天井搭載、純増5枚と来れば勝てない理由は無いでしょう。

有利区間を考慮しても変わりません。

ハイエナなんて期待値2500円前後くらいを追ってる訳で、同じ期待値2500円
の台を打っていれば良いだけです。

 

 

つまり一台あたり平均125枚前後勝っていくと言うことです。

 

 

圧倒的に勝てると言うのは、閉店リスクを最小限に抑える事が出来るからです。

今のところ6号機は一撃2400枚が限度となっています。

つまり今までのようにいつ終わるか分からないAT、ARTも6号機は終わりがはっきりとしています。

 

 

となると、稼働時間も延ばせて、尚且つ稼働効率もアップしますよね。

 

 

ハーデスの天井狙いで閉店一時間前から打ち出す人なんていないですよね。

分かりやすく言うとそんな感じです。

もし1000G乗せとかしたら地獄ですから。

圧倒的に勝てるというのはそういうことです。

ただ規制の煽りでお客さんが減って打てる台が無い、ハイエナ出来ない状況になったら、それは知りませんw

 

スロットなんて所詮ただの機械

機械は人と違って正確に動くことが出来ます。

もしこの機械が気まぐれで動くようなものならこの世から消えてしまうでしょう。

人間がここまで発展できたのも正確な機械のおかげです。

スロットも正確に動く機械だから勝てるんです。

機械の事を知ってしまえばスロットも必ず勝てます。

6号機だから勝てないではなく機械の事を知らないから勝てないんです。

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なるおLOG , 2018 All Rights Reserved.