飲み会でお酒を飲まないという事は失礼なの?

      2018/02/05

こんにちはひろし30歳です。
今日もお金大好きですか?
私は今日も明日も大好きです!

新年会シーズン突入ですね。みなさんも会社などでの新年会はあるのではないでしょうか。

しかし中には、お酒が飲めない、体調が悪い、明日朝早い、そもそもそういう場に行っても楽しくない。
などの理由で行きたくない人も多いと思います

友人との飲み会なら断っていいと思いますが、会社の飲み会の場合はどうなのか。
本当は行きたくないけど、今後の仕事で業務を円滑に進める為、行かないと仕事を振ってもらえないなど、仕方なくお酒は飲まないけど参加している人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は飲み会に参加したけど、お酒を飲まない人について考えてみました。

スポンサーリンク


飲み会でお酒を飲まないという事

中には飲み会に参加してお酒を飲まないくらいなら来ない方が良かったんじゃないの?
とか、上司が飲んでいるのに自分だけ飲まないのは失礼じゃないかなど色々な意見があるかもしれません。

まだまだこんな会社が現在も実在する世の中です。
特に地方の会社はこういう風潮は強く残っているように感じます。

さてお酒を飲まないという事は失礼にあたるのかというと、ズバリそれは上司によります。
その上司が失礼だと思えば失礼になるということです。
悲しい現実です

ですがそう思われない為の技がいくつかあるので紹介します。

 

しゃべりでカバーする

しゃべりが得意なひとは飲んでも飲まなくても相手のテンションに合わせて会話をしたら良いと思います。

黙っていたらお酒が足りないんじゃないかと思われお酒を勧められてしまいます。

 

ウーロン茶をウーロンハイだと言い張る

飲んでいるフリをするというわけです。(笑)

これがなかなか使える技で、相手も飲んでいれば気付かれにくいですね。

ですが注文する時にバレてしまう可能性があるので、コソコソと注文しましょう

スッと居なくなる

これが最強ですね(笑)

気付かれる前にトイレなどに行ってしばらく帰ってこない、又は上司の側から離れ遠い席に座るのです。
私の同僚がこの技を度々つかいます。

帰って来てからも何食わぬ顔でウーロン茶をウーロンハイ風に飲んでますね(笑)

 

最後に

半分ネタのようですが、これが結構使えますね。
バレても責任はとれませんが、試してみるといいです。
ただかしこまった感じの飲み会では通用しないと思いますので、ケースバイケースで使ってくださいね。

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.
ひろし30歳

ひろし30歳

年収400万現役介護士です。兼業スロプロとして年間130万円程稼いでいましたが、娘の誕生を機に引退。現在ゴルフ仲間の元で空いた時間にお小遣い稼ぎをさせてもらってます。最近ではネットビジネスにも興味が出てきてブログ開設から20日目でアドセンス申請通過することが出来ました。これからがスタートです。

 - 思考