勝ち組と負け組 自分の理想に勝ちも負けも無い

      2018/02/05

こんにちは。ひろし30歳です。
みなさん今日もお金大好きですか?私は今日も明日も大好きです!

人生という荒波に出た者の中には負ける者もいれば勝つ者もいますよね。
会社ひとつ取っても昇進する者もいればそういう競争に負けた一生平社員の人ももちろんいます。

私はどちらかというと負け組に分類されます
私は介護士として働いていますが私の同期は主任に昇進しましたし後輩にも私より力を持っている人もいます。

つまり会社内での競争に負けた人間です。

スポンサーリンク


人は嫌でも競争させられる

先程も述べましたが私は会社内の競争に負けました。
というか勝手に走らされてたんです。

これは私だけでなくみなさんも同じではないでしょうか。
会社に入社した時点でスタートに立たされているのです。

それを上司や社長達が上から覗いているわけですね。

言い訳に聞こえるかも知れませんが、私は昇進した同期に勝てる所は本当に少ないと思っているし昇進して当たり前だし…
なのであまり悔しいという感情はありません。
むしろ当然の結果だし応援しています。

ですがこれはあくまでも介護士としてのフィールド上です。
介護士の仕事を見下しているわけでも、バカにしているわけではありません。

きちんと介護士の仕事に誇りを持って勤めています。

 

人生の中での競争

私の場合誰かを蹴落としたり、誰かに認められたりしたいという願望はありません
ましてや勝っただとか負けたという事にも全く興味がないんですね。

会社の中では昇進レースに負けたかも知れませんが、それは狭いフィールドです。
人生の中での競争はまだまだ続くのです。

会社で勝つも負けるも人生の中では全く関係ない事だと思いますね。
まぁ小さなフィールドで勝てない人が大きなフィールドで勝てるかと言われたら微妙な所ではありますが。

人生逆転はあるのか

このブログのタイトルでもありますが何を以って人生の逆転となるのか定義はないと思っていますね。
人それぞれだと思います。

介護士の場合収入だけにフォーカスすると、月に10000円程の副収入があれば昇進した同期を楽に逆転できます。
ですがこれは私の思う人生逆転とはまた違います。

私が思う人生逆転とは、人にどう思われようが自分の理想の人生を送れるようになるという事ですね。
つまり今現在自分の理想とは程遠い位置にいるということです。

私は介護士の仕事に誇りを持っていますが、一生続ける気はありません。
その理由として私なりの理想があるからです。

その理想にたどり着ける事が出来ればいくら稼ぎが少なくても(多い事に越したことはないけれども…)私なりの人生逆転は成せる事が出来、所謂勝ち組になれると私は思っていますね。

もちろん理想を言うだけではダメです。なので現在その理想に近づくための勉強や努力、準備をしている最中です。

あなたの理想は何ですか?
人生逆転の為に一緒に頑張りましょう。

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.
ひろし30歳

ひろし30歳

年収400万現役介護士です。兼業スロプロとして年間130万円程稼いでいましたが、娘の誕生を機に引退。現在ゴルフ仲間の元で空いた時間にお小遣い稼ぎをさせてもらってます。最近ではネットビジネスにも興味が出てきてブログ開設から20日目でアドセンス申請通過することが出来ました。これからがスタートです。

 - 思考 ,